【感想会】第三章視聴感想【デジモンアドベンチャーtri.】

また例のごとくNetflixで配信されていた
デジモンアドベンチャーtri.(トライ)
を視聴してきたので感想を書きます。
個人的には第一章が今のところ一番面白かった。
んではどうぞ。

見どころ

二章の終わり最後らへんで豹変したメイクーモンが
レオモンさんを殺した事でそのパートナーであるメイコは自分を責める
ようになってしまっていた。どこぞの同じレオモンを殺害したあのデジモンと
比較すると同じレオモンを殺害したのは同じなのに待遇が天と地以上の差があって
ちょっといただけない人はいただけないかもしれない。インプ・・・

パタモンの感染

そして第一章から感染デジモンとの戦いがわかった事で、
第二章ではまさかのオーガモンの感染、最後はレオモンも少し感染していた
わけですが、第三章ではまさかのエラバレシ子供達のパートナーデジモンまで
感染していってしまう。まず最初はパタモンが感染しましたが、
感染したパタモンがタケルの腕に噛み付くシーンが非常にクレイジーで
出血シーンもありその出血シーンの出来が良すぎてさらに恐ろしいことに。

あと集団感染とかという言葉で現在コロナウィルスが話題になっている現代の世の中を
ある意味このデジモンアドベンチャーtri.は予言していたかもしれませんね。

唯一の打開策はリブート

パタモンが感染し、最終的には僕をやっつけてと
懇願する。そしてエラバレシ子供達全員のパートナーデジモンが
感染してしまい、リブート(世界のリセット)しないといけなくなって
しまう。リブートの回避策はメイクーモンを止めることだとデジモンたちは
奮闘しましたが、結局止められず光子郎のリブート対策用のゲートに全てを託し、
せめてテントモンだけでも・・・と思われたが仲間を見捨てられないと判断した
テントモン(よくテントモンの中の人は裏切り者の役回りが多い)は
究極進化し、感染して自我を失ってしまった他のエラバレシ子供達のデジモンと
共に消えていくのでした。そしてしばらくたち、また再び子供達は
パートナーデジモンに再会するためにデジタルワールドへ旅立つのでしたが、
デジタルワールドではすでに幼年期Ⅱまで退化した記憶を全てリセットされた
エラバレシ子供達のデジモンたちがそこにいました。

余談 そして最後あたりになぜーかリブートの影響を受けなかった
メイクーモンがメイコ・・・とつぶやいていましたが、やはり奴は
特別な存在。。。だからか?

以下、不満点。

アグモンの脳内がクイシンボウウィルスに感染している件

まず最初に浮かんだ不満点はアグモンの知能が従来のデジモンアニメ作品
と比較すると、非常すぎるほどtri.のアグモンは知能が低下しているということ。
特に知能が低下していると思われるのは場の空気を読まずに「●●ってなに?
美味しいの?」と、割り込んでくる。せっかくテイルモンたちが説明しているのに
これを2回くらい繰り返しているような。いわゆるクイシンボウウィルスと
名付けた。なお同じクイシンボウのイメージのあるデジモンテイマーズのギルモン
の方がまだ常識あったと思う。下手すれば自分で何も調べないくせに
ひたすら他人に「●●ってなんですか?教えてください」というタイプの
人間よりもなんでも食べ物に変換するあたりで非常に苛立ちを立たせる。
特にリブートって美味しいの?はひどかった。美味しいのはブリトーだろと。

メイクーモンだけリブートの影響を受けていない。

私のお父さんが認めた
初めてのデジモン。それは猫型でプリティで、
こんなにかわいいデジモンをパートナーにできる私は
きっと特別な存在だなと思いました。

今ではあのデジモンが殺人鬼。
レオモンを殺しても慰められる。
なぜなら、特別な存在だからです(インプざまあw)

しかしレオモンを殺害しても本人ことメイクーモンは謝罪せずに
メイコ。。。と言ってるのを見るとむかつく以外の何者
でもありませんな!ムカムカw

評価するべきところ

テントモンが究極体に進化するところ。
テントモンの中の声優さんが珍しく仲間を裏切らずに奮闘する。

集団感染やマスクをかけているデジモンたちを見ると
ある意味コロナウィルスで大変な世の中を反映している。

第四章は空が主役っぽいので、
最後までみようかな。。。うん。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)