【感想会】第四章視聴感想【デジモンアドベンチャーtri.】

いよいよNetflixで
視聴していたデジモンアドベンチャーも、
中盤戦になりました…
今回は第四章の「喪失」であります…。
前回の第三章でリブートが
発動してしまい、選ばれし子どもたちの
デジモンは幼年期Ⅱ&記憶抹消されて、
デジタルワールドに強制送還されました…
しかしなぜーかメイクーモンだけ
影響を受けていない…どうしてお前だけ無事なんだ?
今回はそんなデジモンアドベンチャーtri.
第四章「喪失」の感想レビューになりますが、
正直面白いレビューになるかどうかは分かりません。

赤の他人になってしまった選ばれし子どもたちのデジモン

リブート(ブリトーという美味しい食べ物ではない)
という簡単に言えばやり直しを強制的に行われて、
その影響で今までの冒険の記憶を全部抹消された事もあり、
もはや赤の他人になってしまった選ばれし子どもたちのデジモンたち。
しかし、今回の主役は武之内空とピヨモンにしたいのか
最初はピョコモン(ピヨモンに進化する前の姿)がやけに
空を毛嫌いしているのだが、正直毛嫌いすぎていて、
もうやめて!空のライフはとっくに0よ!と言いたくなる。


後、他の人のレビューによっては、
関係が戻るのが早すぎて不自然とあるそうだが、
個人的には今作の主役はあくまで武之内空とピヨモンという
観点から見ると他の選ばれし子どもたちとそのデジモンの
関係を掘り下げて書いてしまうと、武之内空とピヨモンの
キャラが薄くなってしまうのでは?と思うのでそのへんは
多少不自然さはあるが、まあ納得できるかも。

ただ、他キャラの扱いについて納得がいかない部分がある、
それは下の項目参照。

泉光子郎はどうして烏龍茶の妖精になったのか?

とりわけデジモンアドベンチャーtri.では泉光子郎が
烏龍茶を好きすぎるシーンが多いが本作はそのあたりが、
実に露骨に感じた。ぶっちゃけると烏龍茶は神の飲料なのだが、
(僕も烏龍茶好き)デジモンアドベンチャー(無印)や、
デジモンアドベンチャー02(次回作)が放送していた頃は
泉光子郎=年齢の割にメカに強くて知的人だが、
今作シリーズtri.においては更に属性として、
烏龍茶の妖精というキャラクター設定になっていて、
(いわゆる烏龍茶星人)
烏龍茶を飲むシーンがあったり、今章では語るシーンが有る。
しかし、リアルタイムでデジモンアドベンチャー
を視聴していた筆者は泉光子郎=烏龍茶と
いうような感覚は一切覚えなかったぞ!

しいていならウォーゲームで飲んでいた具合。
もしかするとtri.の泉光子郎の脳みそは
烏龍茶のオイルにぷかぷか浮いている可能性がある。

そしてやってきたブラックゲンナイ!

そして今作ではクロゲンナイこと、ブラックゲンナイが
現れる。めいこちゃんの首を絞めたり、唇を奪ったり、
エロスの塊でもあるのだが、CVはなんと!レオモンの人なので、
純粋な悪役を演じるレオモン…という異様な光景である。
というよりレオモンの平田さんの演技の幅の広さに圧巻される。
というかブラックゲンナイえっちすぎる。
まあ海賊漫画でも色気あるサンジ様なのでまあ致し方ないな。

なんだか書いていて

悔しいがレビューを書いていたら、
第四章の良いところが見えてきて面白く感じてしまった
悔しいであります。後今作は最後辺りに
闇落ち姫川がでたので今後に期待したい。てか
怖いよー!としか思えなかった。

後最後テイル、パルモン以外はだいたい究極体への
進化をしていたわけだが、やっぱり今作の
主人公はやはりソラさんですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)